グレーゾーン金利について

グレーゾーン金利って知ってる?

昔借金してた人って、今よりもめっちゃ高い金利で返済させられててん。

 

今は利息制限法で定められた20%以上の金利で返済する事はないねんけど、改正貸金業法が施行されるまでは、この利息制限法で定められた金利を超える金利で貸付しても、なぜか貸金業者は罰則規定は無かってん。

 

じゃーどんだけ金利取っても良かったんかっていうと、そうでも無くて、当時の貸金業者は、利息制限法以外にも、「出資法」に則って融資をする必要があってん。

 

で、その出資法で定められた上限金利が29.2%やってんな。

 

意味わからんやろ?

 

貸金業者は、「利息制限法」と「出資法」に基づいて融資をしてるのに、利息制限法の上限金利は10万円以下の貸付時で「20.0%」、10万円以上100万円以下の貸付で「18.0%」で、100万円超の貸付で「15.0%」と決まってるのに対して、「出資法」の上限金利が「29.2%」やねん。

 

しかも、利息制限法は上限を超えても罰則規定が無くて、出資法は上限金利を超えると「5年以下の懲役または1000万円以下の罰金または併科」という罰則規定があってん。

 

自分が貸金業者なら、利息制限法を超えて融資して、利息制限法の上限金利を超えたとしても、罰則が無いんやったら全然超えて貸付するやんな。

 

この利息制限法の上限金利〜出資法の上限金利29.2%までの間の金利を「グレーゾーン金利」って呼んでるねん。

 

利息制限法で定められた金利を超えていたとしても、それが債務者が任意で支払っていて、契約を交わしていたら罪に問われることが無かったから、実際は当時の人達は29.2%の金利で金を借りてたってことやねんな。

 

このグレーゾーン金利は、改正貸金業法が施行されたことで廃止されてん。

 

改正貸金業法施行後は20.0%以上の金利で融資を受けた場合は、20.0%を超える分の利息は支払わんで良くなってんな。

 

それに重なって、裁判で過払い金の返還請求が認められたことで、今まで金を高金利で金を払い続けてきてた人が皆過払い金返還請求をするようになったんや。

 

それで消費者金融最大手やった武富士が、2兆円以上の返還請求を受けて破綻したり、他の大手消費者金融も致命的なダメージを受けて、銀行の傘下に入らないと経営を続けれないような状況に陥ったんや。

 

簡単に説明したけど、もし自分がグレーゾーン金利の利息を長期間支払ってたって心当たりがあるなら、過払い金返還請求ができるかもしれんで!

 

相談なら無料やから、心当たりがあるなら一度司法書士か弁護士に相談することをおすすめするわ!


このページの先頭へ戻る